読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青好きのCOJ

書きたいこと書いていくだけのスタイル

幽世のイザナミについて色々と

みなさんこんばんわ、水円です。

また何やらブログ界隈で始まってるそうですね。参加者の方々頑張ってください。

私は一読者として楽しませていただきます。

 

さて、今回はこのカードについて少し思うところを適当に。

 

f:id:suien1214:20150812202417j:plain

(C)SEGA

 

幽世のイザナミ

CP4

6000/5000/4000

■幽冥の神威
このユニットがフィールドに出た時、対戦相手の全てのレベル3以上のユニットを破壊する。対戦相手に1ライフダメージを与える。対戦相手のフィールドにレベル3以上のユニットが2体以上いる場合、さらに1ライフダメージを与える。
対戦相手のインターセプトカードの効果が発動した時、あなたの捨札にあるユニットカードを1枚ランダムで手札に加える。

 

今更語ることもないくらいに使われているカードですね。

初登場時の評価はそこまで高くありませんでしたが、今では貫禄の0pt常連です。

絶妙な挑発との合わせ技によって、能動的な除去と共に打点まで取れる非常に強力なユニットとなっています。

回収効果もかなり侮れない性能を持っており、インターセプトを多用する相手への抑止力となります。

 

 

このカードを使う上で、自分が注意していることをちょっとまとめてみます。

 

・隠し通す

構築段階でバレていることも多いですが、極力挑発とイザナミは手札で温存します。

複数枚引いても重ねずにバラ持ちし、軽減にも刺さないようします。

逆に見せることで相手にレベル3を撤退させることを誘う、という手法も在るといえば在るのでしょうが、点を取れる機会は逃さないようにしましょう。

 

・立たせる

墓地回収の能力もかなりアテになります。可能な限り戦場に居座ってもらいましょう。

特に重要なのは対ハンデス戦です。ポイズンディナーの効力を弱めることができます。

手札を4枚持っていれば一度のポイズンディナーでは2枚以下に出来ず、それにより恨みの眼差しの発動条件を満たせなくなります。

また、タナトスは割と勝手にレベル3になるユニットです。上手いプレイヤーはしっかり対処してきますが、棒立ちしていた場合は美味しくいただきましょう。

 

・挑発用ユニット

イザナミの4CP、挑発の1CPで既に5CPが確定しています。踏むユニットはしっかりデッキに積んでおきましょう。

そして挑発したいターンやその前ターン等に、同時に手札に持っておきたいです。軽減も込で一気に行きましょう。

稀に挑発→イザナミをターンを分けて発動されることがありますが、アレはかなりの悪手だと思っています。

挑発されたユニットが撤退してくれるならまだ平和ですが、進化でもされたら挑発の無駄遣いです。まぁそこまで退かしたいユニットであるならアリかもしれませんが…。

あまり考慮しないでも大丈夫とはいえ、整理整頓やマネキーニャといった手段もあります。可能な限り、挑発は自ターンで全て済ませましょう。そして、可能になるまでは手札でしっかり温存しておきましょう。

 

 

大体こんなところですね。

非常に強力なゆえ、一部界隈からはヘイト集めているような気もしますが、とても面白いユニットだと思います。

 

ではさっきから名前出てるし、せっかくなのでこっちも。

 

f:id:suien1214:20150812040119j:plain

(C)SEGA

CP1

■絶妙な挑発
あなたのユニットがフィールドに出た時、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それのレベルを3にする。この効果によってオーバークロックしたユニットはオーバークロック時の効果を発動できない。

 

これを見たらイザナミがいる、くらいにはセットで使われていますね。

しかし順位を見ると、イザナミが68位に対してこちらは108位。イザナミは単独採用でもされているんでしょうか…?

もしかしたら、五右衛門イザナミのワンショット愛好家は私が思っている以上に多いのかもしれませんね。

 

さて、このカードですが、ご存知の方もいると思いますが挙動に勘違いがありがちなので、そのことでも少し触れようかと思います。

まず、記述通りオーバークロック時の効果は発動しません。

ロキはダンスを舞わないし、大魔導師リーナもお見せしてくれません。
しかしながら、クロックアップ時の能力は問題なく発動します。
タナトスはグルグル周り、赤青どちらのヒトミも燃やしてきます。

そして、「フィールドでレベル3にクロックアップした時」と記述がある効果も発動します。
プロメテウスやボルケーノドラゴンが爆発し、スサノオの神の力を受ける事になります。
このカードを使う際には、この辺を正しく理解しておきましょう。

 

もし相手がこのカードを使ってきた場合、その後には大抵イザナミが待っています。
基本的に回避不能な辺りがヘイト案件なんですが、少しだけ対処法をご紹介。


・CPを減少させる

ポイズンリーフ等もありますが、一番効果的なのは大いなる世界でしょう。
CP2を構えるのが大変ですが、その分効力も絶大です。
最近はアリアン珍獣へのメタとして、侍等で採用を散見します。

 

・対象ユニットを撤退させる

タイミング的に使えるのは冥土の献上品、熾天使の片翼といったカードですね。
レベル3になったユニットを場から無くすことでイザナミを回避できます。

 

・加護で場を固める

大正義加護。エンジェルビルダーやセイクリッドフィールドでどうぞ。
そもそも挑発受けてレベル3にならなきゃ良いんです。
相手にチャンプアタックされても、バラけて受ければ問題ありません。
全員レベル2になるよう受けたらハデスされた?知らん、そんなことは俺の管轄外だ。

 

・いっそユニットを残さない

タッチでのイザナミというデッキなら解りませんが、レベコンというデッキ郡はスピードムーブをほとんど採用しません。
なので人身御供を連打するなど、能動的に自分を更地にする手法は意外と効果的です。
トリコンももしかしたら有利なのかもしれません。他がちょっと無理なデッキが多すぎますが。

 

 

自分に言えるのはこのくらいですね。何かの参考になりましたら幸いです。

 

気付いたら長文になってしまっていましたし、ちょっと半端ですが今日はこれで失礼します。
またお会いできるといいですね。